HOME  > 不動産投資コラム  > [THE21 全12回連載企画]≪第5回≫ 退職金を持ち家の確保に使い、京都の不動産で老後資金を作る

不動産投資コラム 「THE21」 ビジネス雑誌 日本ホールディングス株式会社【全12回連載企画】

PHP研究所出版 「THE21」 ビジネス雑誌  【全12回連載企画】 2019年4月号よりスタート

the21連載企画第5回 退職金を持ち家の確保に使い、
京都の不動産で老後資金を作る
「the21」8月号表紙
2019年8月号
老後には年金以外に2,000万円の貯金が必要というデータが世を騒がせている。 攻めの資産形成の選択肢として京都の不動産を紹介してきたが、今回は終の棲家として一戸建てを購入しつつ、不動産投資をしたいという相談者に答える。

京都の不動産は出たときが買いどき30~35年ローンで返済する

10年後に住宅購入予定だが、投資物件はどれぐらい購入すべきか。

46歳で年収1500万円、メガバンク正社員。
パートで働く薬剤師の妻(年収300万円)と、中学一年生の娘がいます。

10年後に注文住宅を建てたいと思い、住宅購入費を貯めてきましたが、これを資産運用に充てて増やすことにしました。どのくらいの投資物件を購入すべきですか?
住宅購入時にはこれを売却することも考えていますが、老後の生活資金を考えると、投資物件は持ち続けて住宅購入費は別にローンを組む方が得ですか?

2件で4000万円くらいの規模、現在の預貯金は使わない。

お子様のいる家庭では、老後の資金+教育費も必要ですから、投資は早めがよいでしょう。

まず生活の基本となる住宅購入を最優先に考え、10年後にローンを組むとしても、現在住宅購入費としてプールしている預貯金と退職金で返済可能な金額で組み、老後資金は不動産投資で補う計画を立てます。

年金の不足分を補えるよう、2件で4000万円くらいの規模で始めましょう。
現在の預貯金は、不動産投資には使いません。

46歳なので、ローンの年数は30〜35年でいったん組んでおき、月々返済の負担を極力少なくして、家計への影響を減らしておきます。
お子さんが成長する過程で、奥様がパートからフルタイムに変われば、繰り上げ返済もできます。

老後資金の捻出を考えて、長期保有するほうがよい。

京都の不動産で質の良い物件を購入できれば、10年後でも値崩れせずに売却できる可能性が高く、結果的にプラスで売却することも十分可能でしょう。

ただし、売却時にはリスクがあること、老後資金の捻出を考えれば、長期保有するほうがよいでしょう。

10年後以降は、投資用ローンを計画的に繰り上げ返済していく。

終の棲家となる自宅購入は退職金で完済できるので、10年後の56歳以降は、ご自身の老後の準備に専念できますので、計画的に繰り上げ返済をして行きましょう。

自宅と投資不動産の2つは荷が重いと感じるかもしれません。
だからこそ、安定した家賃収入が見込める物件の取得が大切なのです。

京都の不動産という確かな物件だからこそ得られる安心感は、こうした重圧を将来への期待に変えてくれます。

→連載企画 第6回を読む

PHP研究所出版 「THE21」 ビジネス雑誌  【全12回連載企画】 2019年4月号よりスタート

the21連載企画第1回 京都に空き物件が出るのを待つ人々が世界中にいる?!
the21連載企画第2回 京都の空き物件不足の原因は、
全国でも類を見ない地方出身大学生数
the21連載企画第3回 京都の不動産の強みはブランド力。
その保有物件はステイタスになる
the21連載企画第4回 京都の不動産は出たときが買いどき
30~35年ローンで返済する
the21連載企画第5回 退職金を持ち家の確保に使い、
京都の不動産で老後資金を作る
the21連載企画第6回 定年が見えていても挑戦できる
頭金なし、ローンで不動産投資
the21連載企画第7回 実際の物件から見えてくる
京都の不動産が魅力的な理由
the21連載企画第8回 長期保有が前提の不動産投資は
値崩れ材料がない物件探しが必至

不動産投資コラム the21

資料請求はこちら

お申込みはこちら

ページトップへ