HOME  > マンション投資セミナー開催予定・実績一覧  >  お金の1DAYキャンパス2019in大阪 イベントレポート

お金の1DAYキャンパス2019in大阪 イベントレポート

開催概要

日時 2019年3月30日(土)13:30~17:40
場所 ハービスホール(大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA B2F)
主催 読売新聞社広告局

会場の様子

「将来の不安を期待に変える」投資講座 開講

「将来の不安を期待に変える投資講座」をテーマに開催された本イベント。「資産運用コース」と「不動産投資コース」2つの会場でプログラムが組まれ、430名以上の来場がありました。
なかでも人気を博したのは キャスター、大阪綜合研究所代表 辛坊治郎氏によるトークショー。多数の来場があり、ときおり笑いがおこり和やかな雰囲気の中、今後の日本と、自己防衛の必要性についてお話いただきました。

お金の1DAYキャンパス2019in大阪 会場の様子

講演(プレゼンテーション)

プレゼンテーション「誰も知らない京都不動産投資の魅力」

辛坊治郎の特別講演に続き、弊社代表取締役 八尾 浩之が講演を行い、多くの方にご参加いただきました。
まず、景観都市として世界から注目を集める京都のマンション供給戸数に大きな影響を与えている、新景観条例の建築規制について解説しました。 続いて、京都の人口構成、賃貸需要についてのデータを集め、マンション供給戸数、単身世帯数を東京都都内と比較し、京都の賃貸市場の特徴をお話しました。京都がなぜオーナー様にとって有利に働くか、不動産において重要な「地域性」が不動産収益にどのように反映されるかをお話しました。
後半では最新の不動産事情と題し、京都駅周辺の開発プロジェクトや京都市営地下鉄の利用客増加などについて解説し、最後に弊社がおすすめするエリアとその特徴についてご紹介しました。 ご参加頂いた皆様にとって今後の投資判断にご活用いただけますと幸いです。

代表取締役社長 八尾浩之 代表取締役社長 八尾浩之

講演資料

会場でお配りした講演資料がご覧いただけます。
内容:学生数と比率の推移、新景観条例の建築規制の例、その他注目のエリアなど

講演資料をダウンロード(A4全34ページ)
期間限定:2019年4月7日~4月30日

clear

講演の様子

展示ブース

展示ブースには45名の方が来場。

弊社ブースでは、春の桜をあしらった装飾でお客様をお迎えしました。「株式投資はやっているが、不動産投資については知らない」「他の金融商品と比較してメリット・リスクを教えて欲しい」と不動産投資全般についてのご質問を多数いただきました。不動産投資は投資金額が大きく投資期間も長いため、投資知識の醸造や担当者との信頼関係が必要になってまいります。当日はお時間も限られておりましたが、引き続き弊社ではご質問を受付けておりますので、お気軽にお問合せください。

展示ブース

来場者の方に聞きました。〔アンケート集計結果〕

来場者の男女比・職業

資産運用・不動産投資に関心を持たれた動機をお聞かせください

現在取り組んでいる資産運用・投資は何ですか?/将来不動産を取り組むとしたら?

今回の来場者の年齢層は30歳代~50歳代で77%と現役世代の来場が多数見られました。現在取り組んでいる資産運用・投資についての質問では、株式、投資信託、外貨・為替の回答が上位3位を占めました。「将来不動産を取り組むとしたら?」の質問では「区分/関西」が約半数、それ以外はバラつきのある結果となりました。