HOME  > 不動産投資コラム  > [THE21 全12回連載企画]≪第6回≫ 定年が見えていても挑戦できる 頭金なし、ローンで不動産投資

不動産投資コラム 「THE21」 ビジネス雑誌 日本ホールディングス株式会社【全12回連載企画】

PHP研究所出版 「THE21」 ビジネス雑誌  【全12回連載企画】 2019年4月号よりスタート

the21連載企画第6回 定年が見えていても挑戦できる
頭金なし、ローンで不動産投資
「the21」9月号表紙
2019年9月号
不動産の購入にローンはつきもの。20代、30代なら「よし、頑張ろう!」だが、 40代に入ると長期ローンは不安になる。しかし貯金では老後の資金づくりが難しい今、 実物資産と家賃収入が得られる不動産投資の方が、かえって安心という考え方をすべきだ。

京都の不動産は出たときが買いどき30~35年ローンで返済する

子供の教育費が終わり、老後の生活費のために不動産投資をしたい。

50歳の正社員商社マン、年収900万円。妻も正社員で年収450万円。専門学校2年生の息子の学費は払い込みが済んでおり、今後教育費はかかりません。
現在、賃貸住まいですが、10年以内に妻の実家に同居し、妻の両親の死後もそこに住み続ける予定です。余剰があれば貯蓄に回しています。

老後の生活費のために不動産投資をしたいのですが、50歳ともなると長期のローンが組めるのか、また払い続けられるかが不安です。

現在の預貯金は、頭金に使わない方がいい。

今回のご質問者のように、50歳前後で子供の教育資金が不要になり、ご自身の老後準備を本格 的に始めようと考え、不動産投資を検討される方が多くいらっしゃいますが、プロからのアドバ イスは「少しでも早く始めれば、結果的に楽で得」です。

不動産投資は長期にわたりインカムゲインを得てゆく方が、リスク軽減効果が高いので、少しでも早く始めればその後の運用計画が楽に立てられます。

将来住むところがあり、住宅費を考えなくても良いので、生活費の確保だけ考えます。今の年金制度では支給開始年齢が65才なので、60才でリタイアするのであれば、年金支給開始まで5年間は預貯金が頼りです。現在の預貯金を不動産投資の頭金に使うのは避けましょう。

単身者向けマンションを段階的に、5件くらい持つ。

ご質問者は世帯年収が平均以上あるご夫婦なので、京都の単身者向けマンションを段階的に購入し、最終的に5件くらい持つことは可能でしょう。当然ローンを組むことになりますが、預貯金は先ほどの理由で頭金に充てません。

頭金なしでローン総額は約9,000万〜1億円くらいですが、現在当社がご紹介できる提携ローンに84才完済の投資用ローン商品があり、現在金利は1.65%で斡旋できますので、月々の持ち出しなしでキャッシュは回るでしょう。

団体信用保険に加入し、がん保険特約も活用する。

また年齢が上がると「がんになったら、ローン返済が……」という不安があると思いますが、昨今のこうした投資用ローン商品は、がん保険が特約で加入できます。これはぜひ活用しましょう。

団体信用生命保険に加入することはもちろんですが、がん保険特約を付けておけば、所定のがんと診断されると、残債がなくなりますので、その後の治療費などの心配が大きく軽減されるのです。

退職金で、2件分のローンを返済するのが理想的。

10年後に退職金が出た時に、他に有力な運用先がない状況であれば、繰上げ返済をして月々返済を減らしましょう。最低でも1件分、欲を言えば2件分のローンを退職金で返済するのが理想的。それ以外の物件のローンは、引き続き保険を目的に運用します。

ご自分が奥様の両親から受け継いだ家で暮らせる安心を残してもらうように、お子様にも確かな収入源となる不動産を残してあげたいですよね。お子様の代になっても価値を維持できる、しっかりした不動産に投資することが、とても大切です。

先行き不透明な時代ですが、正しい知識と経験を持つプロと組めば、リスクヘッジは難しくありません。長年不動産業界を見てきた私がおすすめする、京都の物件をぜひ検討していただけたらと思います。

不動産投資コラム セミナーのご案内 東京ミッドタウン

→連載企画 第7回を読む

PHP研究所出版 「THE21」 ビジネス雑誌  【全12回連載企画】 2019年4月号よりスタート

the21連載企画第1回 京都に空き物件が出るのを待つ人々が世界中にいる?!
the21連載企画第2回 京都の空き物件不足の原因は、
全国でも類を見ない地方出身大学生数
the21連載企画第3回 京都の不動産の強みはブランド力。
その保有物件はステイタスになる
the21連載企画第4回 京都の不動産は出たときが買いどき
30~35年ローンで返済する
the21連載企画第5回 退職金を持ち家の確保に使い、
京都の不動産で老後資金を作る
the21連載企画第6回 定年が見えていても挑戦できる
頭金なし、ローンで不動産投資
the21連載企画第7回 実際の物件から見えてくる
京都の不動産が魅力的な理由

不動産投資コラム the21

資料請求はこちら

お申込みはこちら

ページトップへ